seesaa_site_id = 'neo-gourmet'; seesaa_floating = false;

2013年09月24日

名古屋場所、初日の夕飯ψ(`∇´)ψ

出張で名古屋に来てます。
出張っつったら、ご当地モノで腹を満たしたい。
はい、孤独のグルメ、スタート( ´ ▽ ` )ノ

名古屋と言ったら、えびふりゃー、味噌カツじゃね?
でも、僕は夕飯にでんぷん類はあまり食さないので、
定食やさんとかには入らない。居酒屋に決まってる。
でも、見知らぬ地で居酒屋に一人で殴り込み、
違った、アプローチをかけるのはまあまあ敷居が高く。
「孤独のグルメ」とちょっと違うのは、
僕は幸い下戸ではない、てところです。

image-20130924232212.png
あたり屋さん。

立呑なら、ちょっと入って腹を満たすには
ちょうど良いのではないかという、
実はビビりな僕です(−_−;)
なんつってー⊂((・⊥・))⊃

とは言え、ハナから飛ばしてはいけませぬ。
まずはスタンダードというか、オーソドックスに。
image-20130924232408.png
お通しと、たこわさと、お芋。
これで景気付け完了。
だいたいね、お通しがうまい店は、
何を食べてもうまいもんです。

串ものが流行りなのか、確かに周りにも
何軒かの串揚げ屋さんがならぶこの地。
ささみチーズ揚げとかも頼みましたが、
image-20130924231116.png
はい、味噌串カツψ(`∇´)ψ
これがうまくてねー( ´ ▽ ` )ノ

味噌おでんと、別の串揚げもらいただきましたが、
image-20130924231149.png
続きまして、名古屋ロールψ(`∇´)ψψ(`∇´)ψ

文字通り、あたり屋でした。
なんと健全なことに、23時半でラストオーダー。
間際に入っても気持ちよく呑ませてくれた店主に、
良くお礼を言って、お宿に戻りました。

メデタシメデタシ( ´Д`)y━・~~
posted by 山 at 23:42 | Comment(0) | おためし★★★★★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋市内なう。

出張で名古屋に出っ張ってまつ。
image-20130924225219.png

名古屋っつったら喫茶店とえびふりゃーなので、
昨夜、えびふりゃーがらみの何かを頂いたのだが、
今日昼にまた喫茶店でえびふりゃーだったので、
えびふりゃーなアレ。
image-20130924224743.png
まずは脇役登場。
虎は脇役だろうが真剣にカメラをかまえるのだ。
誰がブタやねんψ(`∇´)ψ

で、でっかいえびふりゃーカレー。
image-20130924224921.png

別ビュー。
image-20130924225007.png

やっぱりさ、えびふりゃーは有頭海老だよね。
尻尾の中身も海老味噌も、
ほじくり返してすべて頂きました( ̄^ ̄)ゞ

うまし!
posted by 山 at 22:55 | Comment(0) | えせグルメ・外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

まな板を新調した話。

どこにでもある白い樹脂製のまな板を使ってました。それほど目立たないとはいえ、まな板に包丁をあてるたびに傷が付き、食材がこの溝に詰まったり細菌が繁殖したりしてハイターなどで殺菌・消毒・漂白を行っても、すぐにまた着色するようになっていました。

結局、食材が詰まりやすくなるまでに傷が増えたまな板は、もう、この溝が埋まりでもしない限り、新品の時のような白さを保つのは困難と考え、新調を予定していました。

連日40度を超える日々が続く中で、白くならない=細菌がいるまな板、を使うことは体調管理の面でも不利です。

212 kitchen storeで、目を付けていたのを買って来ました。カッティングボード EPICUREAN 黒。
image-20130923213018.png
Made in USA。
アメリカは、何をやってもかっこいい。

材質表記は、セルロース繊維加工品、とあります。植物の細胞には、その細胞膜の外側に細胞壁がありますが、主にこれがセルロースですね。これをアメリカ人がぎゅーって固めたもの。

以前、店員さんの説明をフンフンと聞いていたところ、なんだよ、タダのベニヤ板じゃないか、とスルーする前に、手に取ってみて驚いた。しなり感がなく、適度な重量感。表面はサラサラで、フチの加工も丁寧な仕上がり。色は、いわゆる木の色(模様ではない)と黒。サイズ。ハガキくらいのからB4サイズくらいまで、4種類くらいかな。表面耐熱176度。

悩んだ結果、上から二番目のサイズ、黒をチョイス。赤系の食品の調理が多いので、茶色より黒の方が食品が映えるかな、と。これが気に入ったら、食材のサイズにあわせて別サイズを追加する可能性もあり、中くらいのサイズにしました。

という記事が、下書きに入ったままになってることに気づいたんでUP。刃当たりもスムーズでいい。赤い夕飯ψ(`∇´)ψシリーズには欠かせない存在。買う時に、
「このカッティングボード (EPICUREAN)も、包丁の刃が当たって食材に微細片が混入することがある」
と、店員さんに言われたけど、まだそうなってない。

あ、今気づいたんだけど、黒いカッティングボードだから、食材による着色が始まっても、そもそも黒いからわからないんじゃね?

とか。
posted by 山 at 21:32 | Comment(0) | おためし★★★★★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。