seesaa_site_id = 'neo-gourmet'; seesaa_floating = false;

2013年06月24日

東京チカラメシが酷い。

選択肢がなくて、

嫌いな東京チカラメシに入った。

食券渡してから7分経過。

またせ過ぎ。

オーダーから出すまでの時間が長く、

昼に入るところじゃないな。

かといって、

夕飯としては採用するほどうまくない。

よしぎゅうの方がマシ。

他の店よりキレイな気はするし、

ポケベルみたいのでビービー呼び出す騒音もないが、

待たせすぎだろ。


あ、やっときた。
posted by 山 at 12:23 | Comment(0) | おためし★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

スーパーのハンバーグを3倍美味しく食べる方法

ハンバーグ、小さなお子様から歯が抜けちゃったご老人まで、美味しく頂けるすぐれもの。でも、挽肉にタマネギとかパン粉とか卵黄とか牛乳とか入れてこねくり回すのめんどくさいから、スーパーでは、もうこねくり回したハンバーグタネが売られています。

で、ただ焼くだけだったら何か味気ないし、それって料理かよ⊂((・⊥・))⊃ って感じがするので、一手間加えてもうちょっと美味しく食べようよ。

煮込みハンバーグ。

材料:
オリーブ油(無ければサラダ油)
タマネギ一個
塩胡椒
赤ワイン(無ければ水道水)
ビーフシチューかハヤシの固形ルー

分量:
オリーブ油はタマネギ炒める分くらい。塩胡椒はてきとー。赤ワインは固形ルーの説明書きの分量くらい。

@タマネギをスライスしてオリーブ油と塩胡椒で炒める。
絶対に焦がさないこと。小〜中火でじっくり。
めんどくさかったら電子レンジで2〜3分やってからフライパンへ。
アメ色になったらOK。

image-20130603154547.png

A赤ワイン投入。
一煮立ちしたら固形ルー投入。
ソース完成。
アク?めんどくさいから取らない。
味見して、味が濃すぎるなら赤ワインなり水道水を加えるが、固形ルーの必要量以上に入れないこと。

image-20130603155843.png

image-20130603154615.png

image-20130603154711.png

image-20130603160028.png

Bハンバーグを茹でる。
間違った、焼く。茹でちゃダメだな。あんまり深く考えないで普通に両面焼く。まだ中が少し赤いかな?くらいでOK。

image-20130603154815.png

C焼いたハンバーグをソースのフライパンへ。
逆に、ハンバーグを焼いてるフライパンへソースを流し込んでもいいけど、洗う手間的にはハンバーグをソースのフライパンへいれた方が楽じゃね?

image-20130603154853.png

D煮込んでみる。
小〜中火でじっくり。強火だと鍋底のソースが焦げる。ちゃんと上からもソースかけてね。

で、完成。まな板と包丁は油汚れないし、洗い物も楽チン。

image-20130603155017.png

タマネギを炒め終えたあとで、マッシュルームとかがあれば入れると余計それっぽくなる。

ハンバーグを煮込み始めるタイミングで、切れてるチーズとか、スライスチーズを乗せるとチーズ煮込みハンバーグになるんだなぁ。

デミグラスソースを手抜きして作るってこと。
posted by 山 at 15:51 | Comment(0) | おためし★★★★★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。